商品、工賃、サービスでも地域NO.1の価値をご提供します!
ホームXL1200 【 1 】

HARLEY-DAVIDSON

“ XL1200 ”

今回はこちらの車両をお預かりしての外装一式ペイントです。

オーナー様の手入れが行き届いて、

さらにはETCやナビ装着の万能なオートバイです。

 

今回はタンクに傷が入ってしまったとの事で、

ペイントご依頼となりました。

 

タンク以外は特に大きな傷はありませんでした。

写真には有りませんが、リアBOXもペイントいたします。

以下より少しペイントの工程のご紹介です。

【STEP1】

部品取り外し

まずは車両から部品を取り外します。

ペイント後取り付けることも考えながらの取り外しです。

この段階で各パーツの状態を確認いたします。

それと同時に今後の工程を考え、必要なものを準備します。

そしてペイント時期が梅雨ともあり、天候も気にしながら工程を進めて行きます。

(湿度が多い状態での塗装は塗膜に影響が出てきます。)

  

【STEP2】

 下地処理+マスキング

 

  細かいところもしっかり下地処理します。 

へこみ箇所にはパテ処理、その他傷箇所などは平らにならしていきます。

 

  【STEP3】

 プライマー、サフェーサー処理

 

素材面が現れてしまった箇所は早急に防腐処理をします。

タンク裏面などもしっかり処置をしておきます。

この後本格的にプラサフを吹きパテ面等の面出しの為、研ぎを入れます。

 

 【STEP4】

 ライン工程

 今回はタンク給油口のマスキングに、

旋盤にて専用のアルミキャップを製作しました

写真の状態はライン工程の終盤です。

今回はタンク・リアフェンダー・リアBOXに、

ホワイトベースに ` ガラスフレーク ´ を入れたGTラインを入れます。

プラサフ→研ぎ→ホワイト→研ぎ→ガラスフレーク→捨てクリア→研ぎ→マスキング

以上の工程を経て写真の状態になります。

  

【STEP5】

 マーブライザー工程

ぎゅんと工程をすっ飛ばした後の写真です。

ベースのブラック→シルバーで大理石模様→ブラックキャンディー→捨てクリア、

が写真の状態です。

今回はブラック濃い目のオーダーでした。

 

【STEP6】

 クリア工程・チップガード工程

こちらはリアBOXのパネルです。

捨てクリア研ぎ→最終クリア→熱硬化処理を終えた後の写真です。

フロントフェンダー・リアフェンダーには飛び石からの対策で、

チップガード処理をしておきます。

見た目も艶消しブラックで引き締まります。

 

 【STEP END】

クリアの後、磨き作業を終えたら組付けです。

きちんと元通りに組み上げれば完成です。

ここで気を抜けば1からやり直し、

なんてことになりかねないので慎重に慎重に組み上げます。

長い道のりを経てのイメージチェンジ。

元がホワイトだったのでイメージはがらりと変わりました。

写真では分かりにくいですが、ブラックマーブの奥ゆかしさが、

ハーレーの重厚感とマッチし、通好みのペイントとなった様に思います。

この度ご依頼頂きましたオーナー様には感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

オーナー様は写真もたしなまれているとの事なので、

 

 写真を送って頂きました。

マーブライザーの質感を見事に表現できている写真となっております。

以下、上手な写真をご覧ください。